ポケットwifiを紛失した場合の対処方法!探し方~かかる料金・費用まで!

ポケットwifiは持ち運ぶことでどこでもインターネットに接続することが出来る最高に便利なアイテムです。

ですが、ポケットwifiは持ち運びが可能、またそのコンパクトなサイズゆえに不注意での紛失、また盗難の危険性も少なからずあります。

そうなると、悪意のある第三者の手に渡ってしまい犯罪・トラブルに巻き込まれるということも有り得ます。

ポケットwifiを探す方法

もし、ポケットwifiが手元に無い、紛失したことが分かったら、まずは落ち着いて周辺を探してみるところから試みましょう。

ポケットwifiを探す方法は、

  • デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDが表示されていないか確認
  • 紛失した可能性のある場所の心当たりに連絡

と大きく2つです。

デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDの表示がないか確認

普段使っているパソコンやスマホなどのデバイスがポケットwifiからの電波を受信しているかというの確認してみましょう。

デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDが表示されているかどうかで近くにあるかどうかが分かります。

で、もしSSIDが表示されていない様なら紛失している可能性が非常に高くなります・・・。
ただ、これはポケットwifiの電源が入っている場合に限り、電源が入っていない場合はどちらにしてもSSIDは表示されません。

紛失した可能性のある場所の心当たりに連絡

ポケットwifiを紛失した可能性のある場所に心当たりがあるのであれば、お店や駅など連絡できる場所であれば一度連絡をしてみると見つかるかもしれません。

ポケットwifiを紛失すると面倒ですが相当な連絡や手続き等が必要になりますので、出来る限り探しましょう。

ポケットwifi契約プロバイダへ一時利用停止の連絡

ポケットwifiを紛失した際は早急に契約しているプロバイダへの一時利用停止の連絡しましょう。

主なプロバイダのポケットwifiを紛失した場合の緊急連絡先(サポートセンター)を表にまとめました。

各プロバイダ 連絡先 受付時間
UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00 (年中無休)
GMOとくとくBB 03-5456-1090 10:00~19:00 (平日)
Broad WiMAX 0570-783-055 11:00~18:00 (月~土 年末年始除く)
BIGLOBE WiMAX 0120-86-0962 9:00~18:00 (年中無休)
So-net WiMAX 0120-080-790 9:00~18:00
カシモWiMAX 03-6693-0480 10:00~19:00 (年末年始除く)
ビッグカメラ 0120-995-151 9:00~21:00 (年中無休)
ヨドバシカメラ 0120-779-978 10:00~18:00 (年中無休)
YAHOO!Wi-Fi 0120-736-020 10:00~18:00 (年中無休)

※このほかにもUQ WiMAXの公式サイトにWiMAX提供会社の問い合わせ先が多数あり確認することが可能です

そして警察への届け出も忘れずにしましょう。

警視庁の落とし物検索 (取得物公表システム)

※昨今では各都道府県で見つかった拾得物の情報がホームページにて確認することが出来ます

ポケットwifiは拾ったとしてもなかなか普通は悪用しにくいものです。
ですので、誰かが警察に届けたりしてくれる可能性も非常に高いものとなります。

その後、ポケットwifiが見つかったら、プロバイダへ連絡して再利用の手続きを行いましょう。

残念ながらポケットwifiが見つからない場合は”解約→新規で契約し直す”必要があります。

ポケットwifiの紛失は”解約→新規で契約し直す”

ポケットwifiを”解約→新規で契約し直す”と色々な料金や費用が結構かかります。

ポケットwifiを紛失すると多くの場合に解約違約金は必須となり、そしてポケットwifiが必要な場合は新たなポケットwifiの契約も必要となります。

ちなみにポケットwifiを一時利用停止にした期間も利用料金は発生します。

ポケットwifiを紛失することもアンラッキーなことですが、紛失した後の各所への連絡や手続きなどといった追い打ちが本当に大変になります。

財布を落とした際に、
・クレジットカード
・銀行のキャッシュカード
などその他諸々の専用窓口に連絡したりするのに似ているといえば大変さが伝わりますでしょうか・・・。

ポケットwifiの端末補償サービス

ポケットwifiには端末補償サービスといったポケットwifiを紛失した際に受けられるサービスがプロバイダによってはあります。

ですのでポケットwifiのプロバイダを選ぶ基準のひとつとして”ここぞと言う時の充実したサポート”も重要になるかと思います。

各プロバイダの端末補償サービスへ加入するには月額料金を支払う必要があります。

各プロバイダ 端末補償サービスの内容 料金・費用など
UQ WiMAX 紛失した機種と同様の端末orリフレッシュ品(回収品を整備して新品同様にしたもの)を補償 月額380円
GMOとくとくBB 一律10,000円のお見舞金が年1回まで補償 月額300円
Broad WiMAX 有償による補償 月額300円
BIGLOBE WiMAX 紛失に対する補償サービスなし
So-net WiMAX 紛失に対する補償サービスなし

※ここに記載のあるプロバイダ以外でも端末補償サービスは行っています

月額料金は各プロバイダによって異なりますがだいたい300~500円前後の料金設定となっています。

端末補償サービスに加入していれば、
・登録料
・解約違約金
・モバイルwifiルーター端末代金
などポケットwifiを紛失した際にかかる費用を抑えることが出来ます。

まとめ

ポケットwifiにはGPS(位置情報探索機能)などといった追跡機能は基本的にありません。
単純にまた新しいポケットwifiを買えば解決というわけにもいかないものです。

例えば、スマホを紛失したということであれば、iCloudやGoogleアカウント連動機能等を利用してパソコンやほかのデバイス側から探すことが可能です。

が、ポケットwifiにはそういったものはありません。
つまり普段から自らが常に注意しておかなければならないということです。

本当は紛失しないことが一番ですが、こういった場合に備えてポケットwifiのSSIDやパスワードなどのセキュリティー対策もしておくのがおすすめです。

ポケットwifiのウイルス対策とは?セキュリティー設定は大丈夫?

また先述した様なポケットwifiの端末補償サービス、ほかにも紛失防止デバイスなどを利用するのもおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiとはポケットwifiのトラブル
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top