FUJIWiFi口コミ・評判~料金・速度・通信制限・エリアまで徹底解説まとめ!

FUJIWiFiとはなんぞや ポケットwifiのレンタル

FUJIWiFi(フジワイファイ)は2010年設立の株式会社レグルスが提供するモバイルwifiルーターのレンタルサービスです。

元々は、個人事業主・法人向けでしたが、今現在は個人契約も可能となりました。

レグルスの通信事業ではポケットwifiのほかにもsimのレンタルサービスも行っています。

で、実はFUJIWiFiは各所で話題になっているモバイルwifiルーターレンタルサービス事業者なのです。

YouTuberをはじめ、当サイトも含めほかWEBサイトやブログなどなどでも多くの口コミや評判があります。

そしてその多くから高評価されています。

ポケットwifiの契約を考えているけれど、電波の状況に不安・心配があるという場合などにも、ポケットwifiのレンタルサービスから始めてみるというのはとてもおすすめです。

FUJIWiFiでポケットwifiレンタルサービスを利用するには?

FUJIWiFiを利用するにはレグルス会員に登録する必要があります。

レグルス会員の登録には、

・免許証
・パスポート
・マイナンバーカード

などといったご本人様確認書類が必要となります。

ちなみに支払い方法はクレジットカードのみとなりますので口座振替を利用することは出来ません。

また大手のポケットwifiプロバイダなどと比較すると体制がまだ完全ではなく整っていない印象です。

実際過去に個人情報流出といった問題もありました、もちろんその為今ではその頃と比べると管理体制は強化されていると思います。

FUJIWiFiの通信・料金プランとは

現在、FUJIWiFiの通信・料金プランは大きく分けると、

・ルータープラン
・simプラン

の2つのプランがあります。

そして、両方ともに通常プランとおまとめプランとがあります。

通常プランとはポケットwifiまたはsimを短期的にレンタルしたり、期間を決めずにレンタルするといった、いわば文字通りレンタルのイメージです。

おまとめプランとは、予め期間3ヶ月、6カ月、9カ月、13か月までを決めてポケットwifiまたはsimをレンタルするプランとなります。

10ギガ~無制限プランまで選ぶことが出来ます。
FUIJIWiFiで利用できる回線もソフトバンク4G LTEプランとWiMAXプランとがあります。

FUJIWiFiでは基本的に契約事務手数料2000円(税別)が発生します。
しかし、ポケットwifiを通常契約するとほとんどの場合に契約事務手数料は3000円(税別)となります

※FUJIWiFiの通信・料金プランは色々と変化しており、以前と比較するとかなり向上していますし、おそらくこれまでの動向を見ている限り今後も向上することが考えられます・・・とはいえ、メリットとデメリットはあります。

ルータープラン

まずはルータープランから、

・4G/LTEいつも快適プラン:月額6000円

・10GBプラン:月額2300円

・25GBプラン:月額2500円

・50GBプラン:月額3100円

・100GBプラン:月額3800円

・200GBプラン:月額4800円

・WiMAX2+ with au4G/LTEプラン:月額2980円

・WiMAX2+ with au4G/LTEプラン(月々割)プラン:月額980円

※価格はすべて税別

4G/LTEいつも快適プランは無制限で利用できるプランですが、あまりに使い過ぎると制限がかかってしまうということも有り得るようです。

※回線元のソフトバンクが異常な通信利用量のヘビーユーザーであるとみなした場合に限る

とはいえ、FUJIWiFiの4G/LTE回線が無制限で使えるといった使い放題プランはかなり画期的です。
現にFUJIWiFiを含めて数社でしか実現していないサービスとなっています。

例えば、大手キャリアで契約するとLTE無制限使い放題といったプランはまずありません。
(一般的に大手キャリアはヘビーユーザーを嫌う傾向にありますからね)

しかし、FUJIWiFiの無制限使い放題のLTE回線を提供しているのはソフトバンクです。

つまり、LTE無制限使い放題といったサービスはいつ終了するか分かりませんし、いつ終了してもおかしくないサービスであるということです。

実際に利用しているユーザーの口コミを見てみると、

・50GBで通信速度制限にかかってしまった
・100GBで通信速度制限にかかってしまった

であるというものが見受けられました。

このほかにも110GBで制限をかかったり、300GBで制限がかかったり、と結構制限がかかる基準はまちまちとなっているようです。

一説には300GBあたりが通信制限にかかるボーダーということも囁かれたりしていますが・・・。

なかには固定回線変わりとしてメイン回線として使って制限を受けたという口コミもありました。

あくまでポケットwifiですからそのポケットwifiとしての用途からはみ出し過ぎると通信制限はかかってしまうという可能性は非常に高くなりそうです。

ポケットwifiを固定回線変わりとしてメイン回線でも使いたいというのであればWiMAXをおすすめします。

ヘビーユーザーという自覚があれば固定回線+ポケットwifiというのがやっぱり良いでしょう。

で、FUJIWiFiで通信速度制限にかかってしまった場合、毎月19日に代替機の請求が出来る様になっています。

ちなみに、FUJIWiFiでは途中で契約プランの変更は出来ませんので、予めどれくらいの通信量が必要か?というのは把握しておくことがおすすめです。

simプラン

そして、simプランとなりますが、

・200ギガプラン:月額4800円

・100ギガプラン:月額3800円

・50ギガプラン:月額3100円

・20ギガプラン:月額2400円

※価格はすべて税別

と、simプランには無制限使い放題のプラン、そしてWiMAX2+ au4G/LTEプランがありません。

また、選べるプランもルータープランと比較すると少なくなっています。

simプランを契約するのであれば、予め自前でポケットwifiを持っておく必要があります。

ポケットwifi端末はランダムで選べない

FUJIWiFiのポケットwifiレンタルサービスを利用する上で、ルータープランを選択した際の注意点として、モバイルwifiルーターはFUJIWiFiで用意されたルーターからランダムに決められることになります。

ですので、自分の好きな機種端末を選ぶことは出来ません。

また、基本的にルーターの新機種はなく旧タイプの端末となります。

つまり、最新機種の端末をどうしても使いたいという人にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

ですが、今現在WiMAXルーターとして最新機種となるW05の取り扱いはあるのでランダムとはなりますが最新機種を使うことも可能となっています。

しかし、どうしても”その機種端末が使いたい!”という理由でもない限りは、ポケットwifiとしての利用にさほど遜色はありません。

よほど古い機種でない限り問題ではありません。

目的はポケットwifiを利用して何をするか?ですから当初の目的を思い出しましょう笑

FUJIWiFiは今後料金値上げの可能性もある?

FUJIWiFiのルータープランにある”4G/LTEいつも快適プラン”はこれまで、

3696円→4480円→6000円と段階を踏まえて料金が値上げされています。

この値上げの理由は、FUJIWiFiの利用者の増加によるもので、回線の品質を保つためには致し方ないことだと考えられます。

が・・・料金が値上げとなると、利用する側にとってはまた他社比較なども必要になってきます。

やっぱり出来る限りお得にポケットwifiを利用したいと考えるのが普通ですから。

FUJIWiFiを他社と比較したことを結果的に言うとポケットwifi利用状況によるというのが本音です。

まとめ

基本的にポケットwifiのレンタルサービスの大きな特徴としては『契約期間に縛りがない!そしてそれに伴って解約金・違約金が発生しない!』というところです。

で、FUJIWiFiも例にもれず契約期間に縛りはなく、解約金・違約金の発生もありません。
もちろん、手元に届いてから即日利用することが可能です。

デメリットとしては解約した際に端末の返却が必要になるところでしょう。

月額料金や利用期間すべてを含めてかかる料金のことを考えると長期で利用を考えている際はFUJIWiFiのポケットwifiレンタルはかえって高くなってしまいます。

ですが短期で使いたいと考えているなどといったケースバイケースでFUJIWiFiはポケットwifiレンタルサービス事業者としてかなりおすすめです。

また、4G/LTE無制限使い放題サービスなるものもありますので、今現在WiMAXのポケットwifiを利用していて電波が入りづらくポケットwifiの乗り換えを検討している場合などもFUJIWiFiは検討する価値があります。

で、以前にあったことなのですが、とあるきっかけにより新規契約者が急激に増加したことで新規契約を一時的にストップしたことがありましたので検討をしているのであれば早目早目の行動がおすすめです。

FUJIWiFiも以前に比べると認知度は上がってきているので今後の値上げ、通信・料金プランの変更、また新規契約一時的ストップということも十分に考えられます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiのレンタルFUJIWiFi (フジワイファイ)
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top