ポケットwifiの通信速度が遅い!7つの原因と対処対策方法!

ポケットwifiの通信速度が遅い原因を追究する男 ポケットwifiのトラブル

ポケットwifiを使っていると通信速度が遅くなることは珍しいことではありません。

例えば、通信速度の話になると有名なところでは、夜になるとポケットwifiを含め、固定回線でもインターネット利用者が増える為、通信速度が遅くなるということなどがあります。

ポケットwifiの通信速度が遅くなると、

  • WEBサイトの読み込みが遅くなる
  • 動画がスムーズに見れなくなる

などが起こります。

特に電波状況も悪くないにもかかわらずです。

ポケットwifiの通信速度が遅くなるにはいくつかの原因が考えられます。

ポケットwifiの通信方式と速度・スピードチェック

ちなみにポケットwifiの回線サービス提供事業者によって通信方式は異なります。

大きく分けると、

  • LTE
  • WiMAX(2013年からWiMAX2+という新しい通信規格でサービスを開始しており現在ではWiMAX2+が主流回線となっています、ちなみに2020年の3月31日をもってWiMAXは停波が決定しています)

です。

つまり、ポケットwifiの利用しているauやソフトバンクの4G/LTE回線orWiMAX回線かによっても多少その原因と対策は違ってきます。

とはいえ、ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因と対策にそこまで大きな違いはありません。

ポケットwifiは文字通りで無線LANを利用してインターネットと繋いでいます、つまり通信環境によって電波が良くなったり悪くなったりするということは普通に考えられます。

ポケットwifiの通信速度が遅くなったら、ポケットwifiの設定を見直したり、また簡単な対策をすることで通信速度は上がる(戻る)可能性が充分にあります。

まずは本当に通信速度は遅くなっているのか?

スピードチェック

からチェックしてみましょう。

インターネット利用時に快適と感じる通信速度とは

ちなみにインターネットを利用していて快適だと感じるスピードはだいたい10~30Mbpsと言われています。

ちなみに、
・1Mbps未満:遅い(ストレスを感じるレベル)
・1~10Mbps未満:普通(ほぼ問題なくインターネットを利用できるレベル)
・11~20Mbps未満:速い(快適にインターネットを利用できるレベル)
・20Mbps~:非常に速い(快適にインターネットを利用できるレベル)

※正直1Mbps以上のスピードが出ていれば体感的にはほぼ遜色はありません

これくらいの通信速度であれば、インターネット検索や動画を見ることに影響なく利用することが出来ます。

端末の上り最大や下り最大というのは理論上の数字ですから大概の場合がこの数字が出ることはありません。

ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因と対策の3つのポイント

基本的には、

・自分(ポケットwifiやPC・タブレット・スマホなど機械機器側)
・相手(回線やプロバイダ側)
・インターネット上(WEBサイトや動画サイトなどコンテンツ側)

の3つがポケットwifiの通信速度が遅くなる原因と対策で重要となるポイントです。

ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因と対策はこの3つをそれぞれ疑うところからです。

で、まずはポケットwifiの電源オンオフを行い再起動することをおすすめします。
それでも何も変わらないといった際にはPC、タブレット、スマホなどすなわちポケットwifiではない側の端末を再起動してみて下さい。

そしてそれでもやっぱり何も解決しない場合にこのページの”ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因と対策”を参考にして下さい^^

ポケットwifiの通信速度が遅くなる7つの原因と対策

ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因として考えられることは、

・通信制限にかかっている
・回線が混雑している
・ポケットwifiの機種端末の性能が悪い
・ポケットwifiを利用する場所が悪い
・電波干渉を起こしている
・閲覧するWEBサイトや動画サイトに問題がある
・基地局がメンテナンス中or工事中など一時的にサービスが停止されている

多くの場合これらの7つのどれかに当てはまるのではないでしょうか。

一つ一つ原因と対策を詳細にまとめました。

ポケットwifiが通信制限にかかっている

原因:通信制限にかかっているとポケットwifiの通信速度は遅くなります。
対策:3日間の10GB制限や月間で契約している通信容量をオーバーしていないか?心当たりを考えましょう。

→3日間の10GB制限にかかっている場合は制限が解除されるまで待つしかありません(ちなみに無制限プランでも3日で10GB制限はかかります)。
※制限時の速度は最大で約1Mbps程度となります
→月間で契約している通信容量をオーバーしている場合は追加料金等を支払うことで通信制限を外すことも可能です(主にLTEを利用するポケットwifiです)。

例えば、WiMAX回線を利用するポケットwifiを使っていると3日で10GB制限は制限を超えた日の夜の時間帯(18時~翌2時頃までの間)に速度制限がかかります。

ポケットwifiの回線が混雑している

原因:回線が混雑しているとポケットwifiの通信速度は遅くなります。
対策:混雑が解消されるのを待つor自分からその場所から離れる

人が多く集まる場所ではポケットwifiの通信速度が遅くなる可能性がありますので、混雑が解消されるのを待つor自分からその場所から離れることで解決するケースがあります。

例えば、先に申し上げた様な夜に通信速度が遅くなるというのもここのケースにあたります。

つまり、回線を同時に利用する人の数によって通信速度に影響を与えるということです。

ポケットwifiの機種端末の性能が悪い(低い)

原因:ポケットwifiの性能が悪い(低い)と通信速度は遅くなることが考えられます
対策:ポケットwifiの機種の性能によって最大通信速度は異なります。

ポケットwifiは性能の良い端末が後から後から誕生していますので、2年、3年もするとほぼ確実に新機種のポケットwifiが誕生しています。
ですから今現在のポケットwifiの性能を確認してみることで通信速度が遅いという悩みが解決する可能性があります。
ちなみにポケットwifiの性能が悪いと常日頃から通信速度が遅くなっているはずですので、昨日、今日通信速度が遅くなるということはありません。
逆に言えば、常日頃からポケットwifiの通信速度は遅くなっていますのでポケットwifiの買い替えをおすすめします。

ポケットwifiを利用するエリア・場所が悪い

原因:ポケットwifiを利用するエリア・場所が悪いと通信速度は遅くなる可能性があります。
・サービスエリア外
・サービスエリアの境目
・WiMAXであれば地下、建物の中(室内)、田舎、山間部など
対策:エリア外であれば通信速度が遅くなるのは仕方ないのでエリア内に移動する必要があります。
エリアの境目でもしっかりとエリアの中に移動する必要があります。
WiMAXを地下、建物の中(室内)、田舎、山間部などで利用していて通信速度が遅くなった感じた場合はLTE回線に切り替えて使うことで解消する可能性があります。

要するにポケットwifiの電波はエリアによって強弱があるということです。

とはいえ、WiMAXでは人口カバー率は90%超えており、LTEでは99%を超えているというデータがあります。

電波干渉を起こしている

原因:電波干渉を起こしているとポケットwifiが遅くなり得ます
対策:ポケットwifiの周波数のモード変更

ポケットwifi側の周波数を5GHzモードに変更することでほとんどの場合解決することが出来ます。
またポケットwifiが5GHzモードに変更することが出来ないということであれば、かなり古い端末であることが予想されますので、ポケットwifi機種端末の変更をおすすめします。

閲覧するWEBサイトや動画サイトに問題がある

原因:閲覧するWEBサイトや動画サイトに問題がある。
対策:時間をおいて様子を見てみることをおすすめします。

ポケットwifi、プロバイダ側、ポケットwifiではない端末(PC・タブレット・スマホなど)側とどこにも問題がない場合に閲覧するWEBサイトや動画サイト側のアクセスが集中し過ぎてサーバーが落ちていたり、制限がかかっているなどといった問題が起きているということがあります。

これの確認方法としては他のWEBサイトを見てみたり、動画サイトを見てみたり、などをしてチェックしてみましょう。

基地局がメンテナンス中or工事中など一時的にサービスが停止されている

原因:基地局がメンテナンス中or工事中など一時的にサービスが停止されている
対策:ポケットwifiを契約しているプロバイダの公式サイトをチェックする

基地局とは電波を中継するところとなり、あなたのポケットwifiに電波を届けるまでにいくつかの基地局を経由していたりします。

つまり、基地局とはポケットwifiを利用する上で必要不可欠なものとなります。

その基地局がメンテナンス中or工事中となっていると通信速度が遅くなったり、最悪の場合圏外となりインターネットに繋がらないということもあります。

そういった場合、多くの場合が、契約するポケットwifiのプロバイダの公式サイトでお知らせなどがあります。

まとめ

ポケットwifiは外出先でインターネットが利用出来るアイテムとしてとても便利です。

が、ポケットwifiはWiFiつまり無線LANを利用したデータ通信端末ですから、固定回線とは違い様々な環境や状況によって通信速度が変化することは避けることはできません。

ここでは大きく7つ挙げてましたが、はっきり言って、ポケットwifiを使ってインターネットを利用する際に通信速度が遅くなる原因は色々な可能性が考えられます。

とはいえ、ポケットwifiの通信速度が遅くなった際にどうすれば良いのか?など対処・対策を知っていれば対応もできます。

つまり、よりポケットwifiライフを充実させることができるということになります。

で、まずは先に挙げた様な、

・自分側
・相手側
・インターネット上

といった3つを疑うというところから原因追及をして、対処対策をしてみて下さい。

そして、ポケットwifiが遅くなっている原因追及が出来れば対処対策をしましょう^^

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiのトラブル
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top