ポケットwifiの各社対応エリア比較!全国で使える利用回線はどれ?

当サイトで紹介しているポケットwifiは全て基本的に全国で使うことが出来ます。
が利用する電波によって多少なりとも対応エリアに違いがあります。

※ポケットwifiによっては世界でも使えるものも紹介しています

それによってポケットwifiを使っていて使えるエリア、また通信速度に違いが出てきます。

UQ WiMAXのエリア

※WiMAX系のポケットwifiは全て大元であるUQ WiMAXから回線を借りていますのでWiMAXのエリアはすべて共通しています

docomo(Xi)のサービスエリア

※現在docomoは唯一独立した電波という印象で、他社電波と比較してそれほど大きな違いもありませんがサービスエリアが最も大きくなっています。

ソフトバンクのサービスエリア

※ソフトバンクのエリアはソフトバンクグループとなるY!mobile、またYahoo!Wi-Fiなども共通しています

ポケットwifiを選ぶときは自分の居住地、また行動範囲に各サービスの対応エリアになっているか?というのは要確認のポイントのひとつです。

サービスエリア対象外だった場合は当然ですが電波を受信することが出来ないのでポケットwifiを利用してインターネットへ接続することが出来ませんのでインターネットを使うことも出来ません。

ポケットwifiの電波対応エリアについてのそれぞれの詳細をまとめました。

UQ WiMAXのエリア

WiMAXのエリアは他社と比較すると狭い

UQ WiMAXのエリアは他社の電波と比較すると狭くなっています。
が、実質それほど大きな違いは無い様に思います。

関東圏、関西圏を含めて東京、大阪、ほか愛知、名古屋、広島、福岡、北海道、札幌など政令指定都市、また近郊都市で十分に利用は可能となっています。

都市部を離れると若干WiMAXは利用できないエリアもあります。

ですからポケットwifiを利用する場所がよほどの地方ということでない限り心配要りません。
ですから基本的には出張や旅行先でもどこでも持っていけるはずです。

docomo(Xi)のサービスエリア

他社と比較すると最も大きい

docomo(Xi)のサービスエリアは他社と比較すると最も大きくなっています。

とはいえ、利用料金がかなり割高になっていることと、docomo自体がそれほどポケットwifiに力を入れていない様に感じられます。

ポケットwifi単独ではインターネットで契約も出来ないので利用するにも多少手間がかかります。

ソフトバンクのサービスエリア

他社と比較すると(docomoとWiMAX)の中間

ソフトバンクのサービスエリアは他社と比較するとdocomoとWiMAXの中間にあたります。
が、やっぱりそれほど大きな違いはないと思います。

また、LTE系のポケットwifiではよく言われることですが、地方や山間部では電波が強いと言われており、実際にエリアを見てもカバーできている印象です。

ただ、なぜかあまり言われないのですがLTEはWiMAXでも利用することが出来ます。
ソフトバンクかauかのLTEの違いです。
例えば、
・Y!mobile→Softbank 4G LTE
・WiMAX→au 4G LTE
という具合です。

まとめ

ポケットwifiの電波対応エリアだけならdocomo>ソフトバンク>WiMAX

ポケットwifiの電波対応エリアだけなら全国的に見て一応順番としては、docomo>ソフトバンク>WiMAXとなります。

docomoやソフトバンクの回線では山間部や沿岸部などWiMAXでは電波の届かないところもカバーできている印象もあります。

やっぱりなかでもdocomoは相当カバーしている印象です。

とはいえ、それがポケットwifiを選ぶ全ての基準というわけではありません。

むしろ、各サービスの対応エリアにそれほど大きな違いは無い為よほどでないと比較するポイントにはなってこないのが現状です。

東京、大阪、名古屋と主要都市ではどこのポケットwifiでも十分に利用することが可能です。

WiMAXのポケットwifiがおすすめ

実質無制限で使い放題が可能となるWiMAXのポケットwifiが私のおすすめです。
もちろん環境や状況によってケースバイケースになるところは大きいですが。

WIMAXのポケットwifiは利用する電波が同じものとなります。
ですから通信速度も基本的に同じです。
(モバイルwifiルーター端末が変われば理論上の速度は違ってきますが体感的にはほぼ変わりません)

つまりプロバイダが変わってそういうことなのです。

なのでWiMAXをどこで比較するかとなると利用料金で比較するのが一つの基準となるのです。

利用料金で選ぶならGMOとくとくBB

WiMAXのポケットwifiを利用料金で比較するなら最も安く運用することが出来るのはプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBWIMAX2+口コミ評判!料金~契約解約方法徹底解説!

WiMAXのポケットwifiを契約する上でキャンペーンを利用して他社プロバイダに劣ることがありません。

WiMAXのポケットwifiのプロバイダは多数ありますが利用料金で選ぶならGMOとくとくBBがおすすめです。

LTE系のポケットwifiのおすすめは?

ポケットwifiは利用料金のほか月間で使える通信容量もポケットwifiを選ぶ上で非常に重要なポイントになります。

WiMAXは実質無制限で使うことが出来るのもWiMAXのポケットwifiをおすすめする理由です。

LTE系のポケットwifiはY!mobile、Yahoo!Wi-Fiに始まり、月間の通信容量の制限は付きものとなっています。

月間大容量で利用出来るネクストモバイル

そんな中LTE系のポケットwifiの中でも比較的大容量を利用することが出来るネクストモバイルがおすすめです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)口コミ評判!契約~解約方法徹底解説!

無制限では使えませんがそれに匹敵する通信大容量を利用することができます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiとは
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top