ポケットwifiをコスパ重視で選ぶ!月額利用料金最安徹底比較!

ポケットwifiのプロバイダは多数あります。

現在までに20社以上があり、どれを選べば良いか知識がないと本当に迷ってしまいます。

本ページではコスパ重視で選ぶポケットwifiプロバイダとしてまとめています。

ここで言うポケットwifiのコスパ重視とは月々の通信容量と利用料金のバランスを重視しています。
つまり”どれだけインターネットを安くしっかりちゃんと使えるか?”ということです。

いくら安くても快適にインターネットが使えないのであればそれは全く意味がありません。

ポケットwifiをコスパ重視でプロバイダ比較する

ポケットwifiをコスパ重視で選ぶ為分かりやすく、厳選した上で各プロバイダの月額利用料金を比較して表にまとめました。

各プロバイダ 月額料金 キャンペーン
GMOとくとくBB 1~2カ月目:月額3,609円
3~24カ月目:月額4,263円
42,000円(2018年11月のキャッシュバックキャンペーン)
ほか月額割引キャンペーンもあり!
So-net WiMAX 1~18カ月目:2,980円
19~24カ月目:3,280円
25カ月目以降:4,179円
なし
Biglobe WiMAX 1~2カ月目:3,695円
3カ月目以降:4,380円
30,000円(2018年11月のキャッシュバックキャンペーン)
ほか月額割引キャンペーンもあり!
UQ WiMAX 1~3カ月目:3,696円
4カ月目:4,380
商品券
Broad WiMAX 1~3カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,441円
25カ月目:4,041円
(オプションの加入が必須)
なし

WiMAX系のポケットwifiを扱う各プロバイダで様々なキャンペーンや工夫をしてそれぞれの色(オリジナリティー)を出しています。

が、そのどれに対しても常に目を張りチェックして、しっかりと競争、そして最安級トップクラスを維持しているという印象があるのがGMOとくとくBBです。

要するにGMOとくとくBBのキャンペーンだけ見ていれば他社プロバイダとの比較は基本的に必要ないほどまでにです。

ちなみに、その結果というわけでもありませんが、GMOとくとくBBでは月々支払う料金としては3,000円ないし4,000円を超えていますが、キャッシュバックキャンペーンを利用することで、実質2000円台でポケットwifiの利用が可能となります。

※WiMAXはどこのプロバイダも大元であるUQ WiMAXから回線を借りて運営している為、どのプロバイダで契約しても利用するWiMAX回線は同じものですので、比較するポイントとしては利用料金が大きなウエイトを占めているのが現状です

ポケットwifiをコスパ重視で選ぶならWiMAXがおすすめ

結論から申し上げますとコスパ重視で選ぶポケットwifiは、

  • WiMAXのポケットwifi
  • 契約するプロバイダはGMOとくとくBB

がおすすめとなります。

GMOとくとくBBWIMAX2+口コミ評判!料金~契約解約方法徹底解説!

もっとも詳しく言うと、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用して、月間利用プランは実質無制限で使えるギガ放題プランを選ぶというのがコスパ最高のポケットwifiです。

ポケットwifi端末は極論どれを選んでも基本的に問題ありませんが、出来れば最新機種のものをおすすめします。

Speed Wi-Fi NEXT W05口コミ・評判・評価!速度・エリア~設定方法!

※2018年11月現在はHuawei製ではW05が最新機種となります、ちなみにNEC製ではWX05が最新機種となっています

というのも選ぶ機種端末によって多少なりとも初期費用として支払う金額に違いが出てくるからです。

ちなみに新機種を選ぶよりも旧機種を選ぶ方が初期費用は安くなります。
旧機種となるとW04やWX04が今は相場になるかと思います。

私なら多少高くなっても最新機種を選びます。
それであまりにも初期費用が高くなる様なら旧機種を選びますがそこまで大きく値段が変わることもありませんので全然納得することが出来ます。

もちろんこれはWiMAXが使えるエリアであることが必須条件ですから、GMOとくとくBBの公式サイトでピンポイントエリアチェックが可能ですので契約前には必ず行いましょう。

ピンポイントエリア判定で○が表示されていればWiMAXの利用が可能です。
ちなみに私の自宅では△の判定がでるのですが十分に使えています。

※今のところWiMAXの人口カバー率は90%を超えているので電波が入らない、繋がらないということも全国的にほとんどないというのが現状です

また、GMOでのポケットwifiの契約はクレジットカードでのお支払方法というのが必須条件になります。

どうしてもお支払方法は口座振替を選択したい!ということであればかなりポケットwifiのプロバイダを選ぶ上で選択肢は限られますが、

ポケットwifi口座振替対応おすすめプロバイダ!審査や手数料はどう?

私が知っているだけでも口座振替に対応しているプロバイダは現在はWiMAX系ポケットwifiが3社と、
・UQ WiMAX
・BIGLOBE WiMAX
・Broad WiMAX
LTE系ポケットwifiが、
・Yahoo!Wi-Fi
・ネクストモバイル
の2社のみとなっています。

しかしやっぱりお支払方法を口座振替にするとコスパ重視というのも結構難しくなります。

ポケットwifiをコスパ重視で選ぶ際にクレジットカードを持っているということはほぼ絶対条件となっています。

というのもほとんどのプロバイダでポケットwifiの支払いはクレジットカードのみの対応というのも多くなっています。

また、ポケットwifiのお支払方法を口座振替にすると無駄に高くなってしまうことも多いからです。

・WiMAXの対応エリア
・クレジットカードでのお支払方法
のこの2つがクリア出来ていればGMOとくとくBBへの契約の申し込みという流れがコスパ重視でポケットwifiを選ぶ上で完璧と言っても過言ではないです。

ポケットwifiをコスパ重視で選ぶ重要性とは

インターネット利用料金は毎月の固定費になる

インターネット利用料金というものはどうしても毎月の固定費にもなります。

現代社会でのパソコン、スマホ、タブレットなどなどの普及においてwifiも欠かせないもののひとつとなりました。

契約するプロバイダで契約期間に支払う金額が4~5万円変わる

ポケットwifiは契約するプロバイダの違いで契約期間(2~3年)に支払う金額が4~5万円といったかなり大きな金額の違いが発生します。

WiMAXとLTEのポケットwifiを選ぶ基準とは

ポケットwifiの電波は、
・KDDIグループの傘下となるUQ Mobileが提供するWiMAXを利用したもの
・Y!mobileやYahoo!Wi-Fiなどソフトバンクグループの4G/LTEを利用したもの
と大きく分けて2つの種類があります。

これらをここではWiMAX系のポケットwifi、LTE系のポケットwifiという呼び方をしています。

※本当のポケットwifiの意味ではLTE系のポケットwifiを意味しており、WiMAXのポケットwifiは単純にモバイルwifiルーターというのが正しくなります。

ポケットwifiとは?メリットとデメリット~仕組みまで徹底解説!

当サイトほかページとなりますが”ポケットwifiとは?”を参照して頂けますと幸いです

で、これらの何が違うのか?というと通信速度や容量といった通信制限の違い、ほか対応エリアの違いなどがあります。

通信速度の違い

WiMAXとLTEの通信速度を下記に、

利用回線・プロバイダ 通信速度
WiMAX 下り最大708Mbps (W05/W04)
Y!mobile・Yahoo!Wi-Fiなどソフトバンク系LTE 下り最大612Mbps (Pocket WiFi 601HW)

と簡単に表にまとめました。

が、これらは理論上となりますので、体感的に言うとほとんど変わらない、というか分からない、というのが本当のところだと思います。

また、ポケットwifi(ルーター)端末によって通信速度に違いも出てきます。

とはいえ、LTEに比べて通信最大速度ではWiMAXが圧倒しています。

対応エリアの違い

またよく言われる大きな違いとしては、ソフトバンクと比較するとWiMAXは基地局が少ない、それによって室内、ほかビルの中や地下街などで若干繋がりにくいなどは言われています。

先述した様にWiMAXの人口カバー率は90%となっており全国の主要エリアはカバー出来ているので、それほど大きな問題ではないと思いますが、ソフトバンクなら田舎と呼ばれる様な地方も含め、沿岸部、山岳部までほぼ全国どこでも電波が繋がる、に比べてWiMAXは一部繋がらないところがあると知識として認識しておいても良いでしょう。

ソフトバンクLTEの人口カバー率は99%~100%といわれています。

しかし、WiMAXのポケットwifiでもハイスピードプラスエリアモードに切り替えることでLTEを利用することが可能です。

このLTEの違いはソフトバンクのLTEかauのLTEかの違いとなります。

少しややこしいかもしれませんので、要するにWiMAXのポケットwifiはWiMAXのほかLTEも使うことが出来るという認識で構いません。

ポケットwifiを無制限で利用したいならWiMAX

WiMAX系のポケットwifiは無制限で利用することが出来て、LTE系のポケットwifiは通信制限があるというのが一般的な認識となっています。

WiMAXは通信制限に関する規制がかなり緩いということもよく言われており、ギガ放題のプランでは3日で10GBの制限がありますが制限にかかっている最中でも1Mbps程度の速度は保持される為、ネットサーフィン、ネットショッピング、などインターネットを利用する上でネックになりません・

それが実質無制限といわれる理由で、またWiMAXをよりおすすめ出来る理由のひとつにもなります。

また先述した様にWiMAXを取り扱うプロバイダはUQ WiMAXから回線を借りて運営していますのでどこのプロバイダで契約しても利用するWiMAXという回線は同じものとなる為、比較するポイントとしてはどうしても利用料金、つまり掛かる費用というのが大きなところとなります。

まとめ

ポケットwifiがあると自宅でも外出先でもどこでもインターネットに接続が出来て、さらに高速通信も可能ということで多方面で支持されているかなりの便利なアイテムです。

またポケットwifiの機種端末によってはパソコンやスマホをはじめ、テレビ、プリンター、ゲーム機器など10台ほどのwifi対応機器との同時接続も可能となっています。

そんなことからインターネットの利用はポケットwifi1本にまとめて固定回線を引かずに固定費を抑えるという人も一昔前と比較すると増えてきました。

私の場合は家族もいるので固定回線(光回線)とポケットwifiを併用していますが、一人暮らしであればほぼ絶対にポケットwifi一つでインターネットの利用は賄っていたと思いますし、実際にそういう時代も何年か前まではありました。

またポケットwifiはクレードルを使うことで有線接続を出来て無線よりもより安定した通信でより快適にインターネットを利用することも可能です。

ですのでポケットwifiをコスパ重視で選ぶのは非常に重要です。

で、もっともコスパが良いポケットwifiはGMOとくとくBBとなります。
キャッシュバックで比較しても月額割引で比較しても他社プロバイダの追随を許していません。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiとはポケットwifiの選び方
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top