GMOとくとくBBとBIGLOBE比較とおすすめ~WiMAXポケットwifiキャンペーン

GMOとくとくBBとBIGLOBEはWiMAXのポケットwifiを契約・申し込みを検討すると避けては通れないプロバイダです。

ここに来たということはどちらにしようか?どちらが良いのか?と悩んでいるということでもあるでしょう。

GMOとくとくBBもBIGLOBEもWiMAXのポケットwifi

GMOとくとくBBもBIGLOBEもWiMAXのポケットwifiです。

これはまず2つのプロバイダを比較する上で絶対に知っておかなければならないこととなります。

それがどういう意味かと言うとWiMAXという回線の利用や品質などの比較に意味はないということとなります。

つまりWiMAXという回線に関することで、

  • 通信速度
  • 通信容量
  • 通信制限
  • 対応エリア

などの比較はほとんど意味がなくほぼ同様のものとなるわけです。

また、WiMAXのポケットwifiで利用することが出来るハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)に関しても同じことです。

ですので、GMOとくとくBBとBIGLOBEの比較するポイントとしてはキャンペーン、それに伴う利用料金や支払い方法、ほかサービスなどとなります。

通信速度も同じ

通信速度の違いは選ぶポケットwifiの機種端末によって変わってくるだけです。

例えば、WiMAXのポケットwifiの中でも特に人気のある2機種W05とWX05での通信速度に違いがあります。

WiMAXポケットwifi機種端末 W05 WX05
最大通信速度 下り最大:
558Mbps
758Mbps(LTE利用時)
上り最大:
30Mbps
112.5Mbps(LTE利用時)
下り最大:
440Mbps
上り最大:
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)

しかしこれは機種端末による違いとなります。

つまりこれらの通信速度の違いはWiMAXという回線での違いによるものではありませんので比較する必要はありません。

これらの比較が重要となるのは、以下(当サイトほかページ)の様に、

WX05とW05おすすめはどっち~WiMAXポケットwifi比較~

WiMAXポケットwifiの機種端末の比較をする際です。

通信容量も同じ

通信容量の違いは選ぶ利用プランによる違いです。

WiMAXの利用プランには、

  • 通常(月間7GBまで使える)プラン
  • ギガ放題(実質無制限の使い放題)プラン

など基本的に2つの利用プランから選ぶことになります。

と、通信容量はこの利用プランによる違いなだけでGMOとくとくBBだからBIGLOBEだからなどでの違いはありません。

通信制限も同じ

WiMAXという同じ回線を利用している以上通信制限に関することも同じです。

  • 3日で10GB制限にかかり1Mbpsの通信速度になる
  • 月間の上限を超えて128Mbpsの超低速となる

などの通信制限も利用プランによるもので、GMOとくとくBBだからBIGLOBEだからというプロバイダによる違いはありません。

対応エリアも同じ

WiMAXの対応エリアは当然ながらWiMAXという回線を利用している以上絶対的に違いはありません。

これもポケットwifiの機種端末の違いにより繋がりやすいor繋がりにくいという様な違いはあるかもしれませんが、WiMAXという回線によるものではありません。

GMOとくとくBBとBIGLOBEの比較

全体的なGMOとくとくBBとBIGLOBEとを簡単な比較表にしてまとめました。

  GMOとくとくBB BIGLOBE
通信に関すること
・通信速度
・通信容量
・通信制限
・対応エリア
などなど
同じ 同じ
2年の総支払額(通常プラン) 86,616円 88,704円
2年の総支払額(ギガ放題プラン) 101,004円 103,068円
ポケットwifi機種端末代金 無料 実質無料
クレードル 無料 有料
キャッシュバック金額 最高値 それなりに高い部類には入る
お支払方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
解約違約金 契約・申し込みの際に利用するキャンペーンによる
契約更新月(解約月)は0円
1~24カ月目までの解約:24,800円
25カ月目以降:9,500円
契約更新月(解約月)は0円
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
以降~:9,500円

先にもご説明した様にWiMAXのポケットwifiである以上通信に関することはほぼ同じ条件となります。

どっちが良くてどっちが悪いというのは人それぞれ感じるところはあると思いますが、こと利用料金(契約期間内での総支払額)に特化して比較するとやっぱりGMOとくとくBBがお得となるのは違いないでしょう。

例えば、月額では2,000円ほどの違いでも1年となると24,000円、2年となると48,000円、3年では72,000円と、以降もどんどんとチリツモ状態となりますので小さい問題ではなくなります。

またちなみに2社ともに解約は申し出をしない限りは自動更新となっています。

そして比較表には加えなかったGMOとくとくBBとBIGLOBEのポケットwifi端末の故障の対応についてなのですが、

  • GMOとくとくBBの場合=ポケットwifi端末が故障した際はGMOとくとくBBへ郵送する必要があり修理が完了次第返送されます
  • BIGLOBEの場合=最寄りのauショップに持って行くことで対応可能となっています

と、とりわけ違いがあります。

とは言ってもなかなかポケットwifi端末が故障することはないとは思いますが。

GMOとくとくBBとBIGLOBEキャンペーン比較

GMOとくとくBBとBIGLOBEとどちらにも、

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額割引キャンペーン

があると非常によく似ています。

が、断然どちらのキャンペーンでもGMOとくとくBBの方がお得となります。

WiMAXのポケットwifiの利用料金(実質の契約期間総支払額)で右に出るプロバイダはないでしょう。

キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBとBIGLOBEのキャッシュバックキャンペーンではキャッシュバックの金額にも大きな違いがあります。

が、よく比較されるポイントとしてはキャッシュバックの金額よりも受け取り方法の違いです。

そんな2社のキャッシュバックの受け取り方法ですが、どちらかというとBIGLOBEの方が容易に受け取ることが出来て、GMOとくとくBBは手間と面倒さがあるとされています。

ちなみにGMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法は契約から11カ月目に届くメールがカギになります。

ですが、私自身はそこまで大きな差を感じていません。

というのもどちらも事前にキャッシュバックの受け取り方法を理解していればそういうものとして納得が出来るのではないかと思うからです。

当たり前ですがやっぱりキャッシュバックは受け取ってこそのキャッシュバックなので。

どちらにしてもGMOとくとくBBに比べてBIGLOBEのキャッシュバックは受け取りやすいと言われているということです。

確かにBIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法は契約から1週間後に届く書面からWEBのアンケートに回答するだけであとは待つだけで12カ月後に振替払出証書が発行され送付されてくるのでそれを郵便局に持って行けばキャッシュバックが受け取れるという形です。

BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法は基本的にほぼ待つだけなのでキャッシュバックの受け取り損ねはないでしょう。

しかし、キャッシュバック金額に10,000円くらいまたはそれ以上の差があるので多少手間と面倒さがあってもGMOとくとくBBの方が良いのではないかなと私は思います。

つまり、GMOとくとくBBとBIGLOBEを比較する上で利用料金だけではGMOとくとくBBが圧勝してしまうのでそれ以外の部分での比較がポイントにもなってくるということです。

※BIGLOBEは選ぶポケットwifiの機種端末の違いでのキャッシュバック金額に違いはありませんが、GMOとくとくBBで選ぶポケットwifiの機種端末でキャッシュバック金額に違いが発生します。

月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBとBIGLOBEの月額割引キャンペーンを比較してもやっぱりGMOとくとくBBの方が安くなっています。

GMOとくとくBBでは選ぶポケットwifi機種端末によって月額割引適用額に違いはありますが、最安プランになると月額2,170円~利用することが可能です。

GMOとくとくBBとBIGLOBEの利用料金

GMOとくとくBBとBIGLOBEの利用料金を比較表にまとめました。

共に契約期間3年のギガ放題プランとなります。

※3年契約となると通常1,005円かかるハイスピードプラスエリアモードが無料が利用出来る様になります

  GMOとくとくBB BIGLOBE
初期費用・事務手数料 3,000円 3,000円
1~2カ月目 3,609円 3,695円
3~24カ月目 4,263円 4,380円
25~36カ月目 4,263円  4,380円
総支払額 155,160円 159,310円

GMOとくとくBBの方がBIGLOBEよりも安いことが分かります。

基本的に2社ともこの金額からキャッシュバックされる金額を差し引きする額が実質の総支払額となります。

BIGLOBEのでは今現在3年契約のみしか選択することが出来ませんが、ポケットwifi端末の選択によりGMOとくとくBBでは未だ2年契約を選択することが可能となっています。

今後WiMAXのポケットwifiの契約期間はすべて3年となる流れですので、2年の契約が選べるというのは比較するポイントそしてメリットにもなるでしょう。

お支払方法

GMOとくとくBBとBIGLOBEのその大きな比較ポイントのひとつがお支払方法です。

GMOとくとくBBではお支払方法はクレジットカード決済のみの対応ということに対してBIGLOBEでのお支払方法はクレジットカード決済と口座振替に対応しています。

要はお支払方法を口座振替を希望しているのであればBIGLOBEのみしか選択肢がないということになります。

ただGMOとくとくBBとの比較ポイントであり違いというだけであり、

ポケットwifi口座振替対応おすすめプロバイダ!審査や手数料はどう?

お支払方法が口座振替に対応しているWiMAXのポケットwifiプロバイダはいくつかあります。

それでもやっぱり多くはないので少ない中からの選択となるのは間違いありませんし、その中でもBIGLOBEが最もおすすめとなります。

ただよほどの理由がない限りは口座振替よりもクレジットカード決済をおすすめします。
その理由も単純でキャンペーン適用条件またそれに伴う利用料金などクレジットカード決済の方がメリットが多いからです。

まとめ

で、以下にGMOとくとくBBとBIGLOBEで違う点を比較表にしてまとめました。

各プロバイダ GMOとくとくBB BIGLOBE
有料オプション 2つ(翌月解除可能)
wifiオプション(月額362円)
安心サポート(月額300円)
なし
キャッシュッバック 11カ月後に送られてくるメールから手続き 12カ月後に送られてくる振替払出証書を郵便局に持って行く
解約方法 契約更新月(解約月)はWEB
それ以外の月はメールか電話
電話のみ
UIMカードの返却 必要(自費で返送) 不要(自分で捨てる)
クレードル 無料 有料

この比較表から分かることはBIGLOBEに比べてGMOとくとくBBの方がキャッシュバックの受け取りを含め色々と手間と面倒さが多少あるというところでしょう。

しかしGMOとくとくBBはこの多少の手間と面倒さがあるからこそ利用料金が大幅に安くなるというところもあります。

このほかお支払方法を口座振替を希望しているならBIGLOBEを選ぶしかありません。

最後にGMOとくとくBBとBIGLOBEの比較まとめとして、

  • とにかくWiMAXのポケットwifiの利用料金を安くしたい⇒GMOとくとくBB
  • お支払方法口座振替を希望している⇒BIGLOBE

で選ぶのが良いのではないかと思います。

そしてGMOとくとくBBとBIGLOBEの2社の大きな違いは上記が大半となるかともちろんそれ以外にも細かい部分はありますが。
私としてはここが2社の比較ポイントだと思っていますのでここの違いでどちらにするかを決めます。

要するに何を優先するかで決めるしかありません。

またWiMAXのポケットwifi利用でコストは非常に重要なところです。

ポケットwifiをコスパ重視で選ぶ!月額利用料金最安徹底比較!

というのもWiMAXのポケットwifiを契約すると今後毎月かかるコストとなるからです。

キャッシュバックキャンペーンは利用したいけれど・・・受け取りの手間と面倒さがネックになっている・・・といった場合はBIGLOBEを選ぶというのもあるでしょう。

GMOとくとくBBでクレードルが無料となっているのもメリットです。
ただクレードルは後からでも3,000円前後で通販・購入できるので今迷っているなら無理に選ぶ必要もありません。

ほかGMOとくとくBBでは未だ2年契約を選択することが出来るのもメリットとなります。

と色々と比較すると全体的にフラットに見てもやっぱりGMOとくとくBBの方に多少軍配は上がりそうです。

当サイト本ページを見て少しでも参考になったなどお役に立てていれば幸いです。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

hi-ho WiMAX2+

hi-ho WiMAX2+は最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

月額割引キャンペーンとキャッシュバック+動画配信サービスの2つのプランがあります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiの選び方ポケットwifi キャンペーンGMOとくとくBBWIMAX2+BIGLOBE WiMAX (ビッグローブワイマックス)
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifiキャンペーン比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top