WX05とW05おすすめはどっち~WiMAXポケットwifi比較~

WX05は2018年11月に販売が開始されたNEC製のWiMAXのポケットwifiで最新機種となる端末です。

対してW05は2018年1月に販売が開始されたHUAWEI製となる最新機種のWiMAXポケットwifiです。

WX05も続々と多数のプロバイダでの取り扱いが始まり、W05と共に今現在多数のプロバイダで取り扱いがあります。

WiMAXのポケットwifiで言えばWX05が最新機種ですが、今現在どちらも最新機種と言えるでしょう。

WX05とW05はいわゆるライバル関係にあるNECとHUAWEIの共に最新機種となるWiMAXのポケットwifiということとなるわけです。

そんなWX05とW05ですが、これからWiMAXのポケットwifiを利用したいと考えるユーザーにとってはどちらが良いだろうか?どっちがおすすめなのか?と結構頭を悩ませるところだと思います。

WX05もW05もWiMAXのポケットwifi

WX05もW05もWiMAXのポケットwifiです。

ここは今更感があり当たり前のことですが非常に重要なところとなります。

通信の利用/品質の関するところで大きな違いはない

WX05もW05も共にWiMAXのポケットwifiであるので、

  • 通信速度
  • 通信容量
  • 通信制限
  • 対応エリア

などといった通信の利用/品質の関するところでは大きな違いはありません。

つまり、そういったところでの比較はあまり意味を持たないということです。

通信容量や通信制限に関するところは利用プランによる違い

通信容量や通信制限に関するところは利用プランによる違いとなります。

対応エリアは同じ

WX05とW05共に対応エリアはWiMAXを利用するポケットwifiである限り同じです。

通信速度はポケットwifi端末による違いがあるだけ

ただ、通信速度に限ってはポケットwifi端末による違いが発生するので全く関係ないとは言えませんが。

理論上ですが758Mbpsの最大通信速度を誇るW05と440MbpsのWX05ですから。

実際にポケットwifiを利用していてこれだけの通信速度(実測)が出ることはほぼ絶対にありません。

WX05とW05おすすめはどっち?

WX05とW05どちらが良くてどちらが悪いということはなく何を最優先に考えるかです。

ポケットwifi機種端末

WX05

W05

バッテリー(ハイスピードモード) ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(bluetooth):約18時間
ハイパフォーマンス:約6.5時間
ノーマル:約9時間
セーブ:約10.5時間
バッテリー(ハイスピードプラスエリアモード) ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
エコ:約13.3時間
エコ(bluetooth):約16.8時間
ハイパフォーマンス:約4.3時間
ノーマル:約6.5時間
セーブ:約9.1時間
最大通信速度 上り最大:30Mbps/LTE利用時75Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps/LTE利用時112.5Mbps
下り最大:558Mbps/LTE利用時758Mbps
契約年数 3年 2年or3年
機能 WiMAXハイパワー対応
ワンタイム通信モード切り替え
ビームフォーミング機能
Wi-Fiビジュアルステータス
Wi-Fi引越し機能
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(2.4Hz/5GHz帯) IEEE802.11ac/11n/11a(2.4Hz/5GHz帯)
SIM Nano IC  Nano IC
サイズ・質量 111×62×13.3(cm)・128g 130×55×12.6(cm)・131g
色・カラー ソニックレッド
ピュアホワイト
ブラックライム
ホワイト×シルバー
製造元 NECプラットフォームズ HUAWEI(ファーフェイ)
発売日 2018年11月8日 2018年1月19日

WX05とW05の違いを各項目にして一覧にした比較表です。

※Wi-Fi規格とSIM以外の項目は全てに違いがあります

バッテリーの持ち

バッテリーの持ちを最優先に考えるならWX05を選ぶのがおすすめです。
バッテリーの連続通信時間はNEC製ポケットwifi(モバイルwifiルーター)の強みのひとつです。

バッテリーの持ちはポケットwifiにとって非常に重要なポイントだと思います。
が、そのバッテリーの持ちに関係することになると思いますが、WX05よりもW05は充電時間が短くて済みます。

つまり、バッテリーの持ちとバッテリーの充電時間のバランスを考えるとどちらも引けを取らないのかなと思います。

しかし、バッテリーがヘタってきた際にバッテリーのみの交換が出来るのはWX05です。

通信速度

通信速度を最優先に考えるなら理論上であって事実として最大通信速度がハイスピードプラスエリアモード使用時となりますが758Mbpと圧倒的に勝っているW05を選ぶのがおすすめとなります。

ハイスピードモード使用時でも558Mbpsとしっかりと速くなっています。

契約期間

ただWX05を選ぶ際には3年契約がほぼ絶対となりますので、今後3年は使い続ける必要があり、W05は2年契約も選べますので契約期間が出来るだけ短い方が良いと、そこを最優先に考えるならW05がおすすめです。

しかし、3年契約となるWX05はハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)が無料で使うことが可能となります、3年契約になるとW05でもハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を無料で使うことは可能です。

機能

W05と比較するとWX05はちょっとした機能が多めになっており、WX05から新しく追加された機能もいくつかあります。

例えば、WiMAXハイパワー対応であったり、ほかWi-Fiビジュアルステータス、おまかせ一括設定、機能など。

WiMAXハイパワーは通信電波が弱い際に自動的に感知して通信時の送信パワーを上昇させて通信速度を約20%改善させる機能となっています。

Wi-Fiビジュアルステータス機能とは電波の混雑状況(チャネル使用状況)を視認にてチェックできるというものです。

これらによりWX05はこれまでよりもより安定した通信を保てる様になったことは間違いないでしょう。

ただこれらの機能が実際にポケットwifiを使っていて大きなメリットがあるかというのは疑問に残るものもあります。

例えば元々の最大通信速度がWX05はW05よりも劣るわけですからWiMAXハイパワーと言っても・・・と疑問が残ったりと。

見た目

またWX05とW05の見た目を比較すると私はスマートでスタイリッシュなW05の方が好みです。

またどちらかというと比較的小さく持ち運びしやすいのがWX05です。
本当に多少となりますのでそれほど変わるところではありません。

それぞれを一言で言うとW05はなんとなく長くなっており、WX05はなんとなくイメージしているポケットwifiのサイズ感です。

かなり見た目が気になるなど実際に見たいという場合はお近くの家電量販店へでも行ってみるとだいたいの場合がレプリカですがおおよそのイメージがつきます。

ただそのノリで家電量販店でポケットwifiの契約・申し込みをすることはおすすめしません。

ポケットwifiキャンペーン比較~家電量販店のWiMAXはおすすめ?

単純な理由ですが家電量販店でのポケットwifiの契約・申し込みはあまりお得ではないからです。

クレードル

WX05にはWX04から引き続くクレードルにWウイングアンテナが搭載されており、クレードルを使ってポケットwifiを利用する際にポケットwifi単体で使うよりもより安定した通信が行える仕様となっています。

※このWウイングアンテナもWX04からのNEC製のポケットwifiの強みとなるひとつで特徴となっています

W05もクレードルを使うことでポケットwifi単体で使うよりも安定した通信を行えることは出来ますが、Wウイングアンテナといったもの搭載されていませんので、理論上通信の安定性に関しては劣るかもしれません。

WX05にはビームフォーミング機能というものもあるので、クレードルを使う際には結構な違いが発生することになります。

ですのでクレードルを使ってポケットwifiを利用することをメインに考えているのであればWX05を選ぶのが良いでしょう。

しかし、クレードルは別売りとなっているのが基本ですので別途購入が必要になるアイテムのひとつです。

とはいえ、ポケットwifiの契約・申し込みの際に慌てて購入する必要はなく、UQ WiMAXやアマゾンや楽天などで後からいつでも購入は可能となります。

ポケットwifiのクレードルとは?役割~使い方・有線LAN接続設定方法まで徹底解説!

※クレードルについてあまり存在意義が分からないという場合は先に上記の(当サイトほかページの)リンクのページを併せてご覧頂ければと思います

WX05とW05の比較まとめ

WX05とW05の比較まとめとして、

  • 最大通信速度で選ぶならW05
  • バッテリーの充電時間で選ぶならW05
  • バッテリーの持ちで選ぶならWX05
  • 電波の安定性で選ぶならWX05
  • 機能の豊富さで選ぶならWX05

となります。

さらに簡単にまとめると通信安定性重視のWX05と通信速度重視のW05です。

ちなみにWX05は3年契約のみしか選択肢がありませんが、W05には2年or3年の契約期間の選択肢があります。

と、スペック面だけでなく対応プランでの比較も重要なところとなります。

WX05とW05どちらにもメリットとデメリットはあります。

先述した様にどちらかが勝っていてどちらかが劣っているということはなく確実に一定レベル以上のスペックは双方にあります。

つまりWX05とW05と比較してのあなたのポケットwifiに求める優先順位の高い方を選べば良いということです。

ポケットwifiWX05キャンペーン比較!おすすめのプロバイダとは!

ポケットwifiW05口コミ・評判・評価!速度・対応エリア~設定方法!

※当サイトほかページにてWX05とW05に特化してまとめているページがありますので併せてご覧頂くことでより理解を深めることが出来るかもしれません、またWX05のページではWX04と、W05のページではW04との簡単な比較も行っています

WX05とW05を契約・申し込み出来るおすすめプロバイダ比較

最後にWX05とW05それぞれを契約・申し込みの出来るおすすめのプロバイダを比較しました。

W05を契約・申し込み出来るおすすめのプロバイダ比較

まずはHUAWEIの最新機種端末となるW05を取り扱うおすすめのプロバイダを比較しています。

各プロバイダが展開するキャンペーンを利用することでお得に契約・申し込みをすることが可能です。

各プロバイダ 通常(月間7GB制限)プラン ギガ放題(実質無制限使い放題)プラン キャッシュバック
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
3,609円 4,263円 34,050円
GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン) 
2,690円 3,344円 なし
UQ WiMAX 3,696円 4,380円 10,000円

W05を選択する上でのメリットとなる2年という契約期間がある為ここではそこに焦点をあてて各プロバイダを比較してみました。

するとW05を2年の契約・申し込み出来るプロバイダはかなり限られ3つのプロパイダ(実質2つのプロバイダ)のみとなっています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用してW05を2年契約で申し込む際の総額利用料金は最安値となります。

ちなみにW05を3年契約で端末のみクレードルなしで選択すれば最大キャッシュバック金額の42,000円となります。

今現在ポケットwifiの契約期間は3年がスタンダードになりつつあり2年契約を選ぶことが出来るプロバイダ自体が少なくなってきています。

WX05を契約・申し込み出来るおすすめのプロバイダ比較

続いてNECの最新機種端末となるWX05を取り扱うおすすめのプロバイダを比較しています。

各プロバイダが展開するキャンペーンを利用することでお得に契約・申し込みをすることが可能です。

各プロバイダ 通常(月間7GB制限)プラン ギガ放題(実質無制限使い放題)プラン キャッシュバック
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
3,609円 4,263円 42,000円
GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
2,690円 3,260円 なし
Broad WiMAX 2,726円 3,411円 なし
UQ WiMAX 3,696円 4,380円 10,000円

ポケットwifiWX05の利用料金で選ぶならおすすめはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとなります。

キャッシュバックの受け取り忘れなどに不安・心配があるのであればGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンがおすすめでしょう。

お支払方法を口座振替を希望しているのであればBroadWiMAXがおすすめです。

ポケットwifi口座振替対応おすすめプロバイダ!審査や手数料はどう?

※WX05だけに限らず、そもそもお支払方法で口座振替対応のプロバイダは少なくなっており、クレジットカードではなく口座振替を希望している場合は当サイトほかページにまとめていますので併せてご覧下さい

WX05を選ぶ際は契約期間は3年となり2年契約が出来るプロバイダはありません。
しかし3年契約というのがデメリットばかりではなくハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できるというメリットもあります。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

hi-ho WiMAX2+

hi-ho WiMAX2+は最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

月額割引キャンペーンとキャッシュバック+動画配信サービスの2つのプランがあります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiの選び方ポケットwifiの機種端末
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifiキャンペーン比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top