ポケットwifiW05口コミ・評判・評価!速度・対応エリア~設定方法!

W05を口コミ評判~使い方徹底リサーチ! ポケットwifiとは

Speed Wi-Fi NEXT W05は2018年の1月に発売されました。

W05はWiMAX2+を利用してインターネットを使うことが出来るポケットwifiです。

WiMAXポケットwifi(モバイルwifiルーター)は近年ではHUAWEI(Wシリーズ・台湾製)とNEC(WXシリーズ・日本製)の2強となっています。

Wのみで始まるW05はHUAWEI製のWiMAXポケットwifiとなります。
ですので、本ページではNEC製のポケットwifi最新機種となるWX04、また旧端末となるW04との比較も行っています。

このW05ポケットwifi端末の発売と同時に乗り換えたユーザーも多数いたと言われています。

これまでにこれほどまでに発売前から人気となっており、今現在も高評価されているポケットwifiは過去になかったのではないかと考えられるほど支持されています。

Speed Wi-Fi NEXT W05とは

Speed Wi-Fi NEXT W05についてまとめました。

HUAWEI(ファーウェイ)製のポケットwifi

Speed Wi-Fi NEXT W05は、HUAWEI(ファーウェイ)というメーカーで台湾製のポケットwifi(モバイルwifiルーター)となります。

外形寸法・重量・デザイン

W05の外形寸法と重量は約W130×H55×D12.6mmと約131gとなり、大きさはポケットサイズのモバイルwifiルーターとなっています。

スタイリッシュでお洒落と見た目も高評価されており、端末カラーはホワイト×シルバーのホワイトシルバーとブラック×ライムグリーンのブラックライムで2色展開されています。

通信規格はIEEE802.11a/b/g/n/ac対応

W05はIEEE802.11a/b/g/n/acといった通信規格に準じています。

W05はこれだけの通信規格に対応しているということはそれだけ様々な環境や状況に応じて対応が出来るということなのです。

ポケットwifiの無線LAN接続設定!2.4GHzと5GHzの違いとは!

ポケットwifiを使う上で通信規格・周波数帯域について知ることはポケットwifでインターネットを利用する利便性・可能性をとにかく広げることが出来ます。

通信速度・通信モード

W05の通信速度・通信モードは、

  • ハイスピード(下り最大558Mbps・上り最大30Mbps)
  • ハイスピードプラスエリア(下り最大708Mbps・上り最大75Mbps)

がありデフォルトではハイスピードモードに設定されています。

W05はポケットwifi史上最速といわれる最新機種です。
最大下り通信速度に関して言えば固定回線の光よりも速いといわれています。

ハイスピードプラスエリアモードの通信速度は非常に素晴らしいものとなり、WiMAXが繋がりにくくなる地下鉄や地下街、ほか山岳部以外でのハイスピードプラスエリア(auの4GLTE利用)モードは必須となります。

とはいえ、最近ではWiMAXでも地下鉄や地下街エリアもカバー出来たりしています。

しかし、LTEオプションがあれば利用可能エリアも当然広がります(人口カバー率99%超)のでポケットwifiを使う上での不安や心配もより一層なくなります。

バッテリー容量

ノーマルモードで連続通信時間は9時間、ハイパフォーマンスモードの連続通信時間は6.5時間となっています。

これはこれまでのポケットwifiと比較するとW05のデメリットとなっています。

W05のバッテリー容量は、2750mAhとなっています。

WiMAXポケットwifiの中にはバッテリー交換の出来るものと出来ないものがあります。
ちなみにW05はバッテリーだけの交換が出来ません。

基本的にはNEC製のモバイルwifiルーターは交換可能(WX03、WX04、etc.)
HUAWEI製のモバイルwifiルーターは交換不可(W04、W05、etc.)

最大接続可能台数

最大接続台数は10台となり、あらゆるデバイスとの同時接続が可能となっています。

操作性はタッチ&スクロールが可能

W05の操作はスマホの様にタッチ&スクロール操作が可能です。

お引越し機能

W05にはこれまで利用していたWiMAXルーターのWiFI情報をそのまま利用できるお引越し機能があり、再度WiFiの設定をやり直す必要がありません。

クレードルを付けると有線接続可能

クレードル(HWD36PUU)を付けることで無線LAN接続だけでなく有線接続も可能となります。

※クレードルはW05とのセット販売もありますが、後からWiMAXアクセサリーショップでも、ほか楽天やアマゾンでも通販で購入が可能です

ポケットwifi×クレードルを使い有線接続をすることで、急に通信速度が遅くなったり、回線が途切れたり、といったことが少なくなります。

ポケットwifiのクレードルとは?役割~使い方・有線LAN接続設定方法まで徹底解説!

クレードルは充電器だけにとどまらない役割や使い方があります。

Speed Wi-Fi NEXT W05の口コミ・評判とは

Speed Wi-Fi NEXT W05の口コミ・評判をまとめました。

・Wi-Fiの電波が強く通信が安定している
・受信感度が非常に良い
・クレードルを付けての有線接続はおすすめ
・実際に使ってみると予想以上に性能&使い勝手も良かった!
・ポケットwifiとして過去最高の出来です!
・ネットサーフィンはもちろん動画視聴も全然問題ありません!
・過去にWX04、W03、WX02と利用してきましたがそれらの端末よりもW05の通信速度は速かったです!

と、かなり口コミでも評判が良いです。

逆にW05悪い口コミ・評判も、

・なんとなく通信速度が遅く感じる
・デザインがあまり好みではない

と多少ありました。

Wi-Fiの電波が強く通信が安定している

Wi-Fiの電波が強く通信が安定しているというのはポケットwifiを使ってインターネットを利用する上で重要なポイントです。

『受信感度が非常に良い』というのも通信が安定するにつながるものでしょう。

ポケットwifiとして過去最高の出来!

W05はポケットwifiとして過去最高の出来!だという声もちらほらあり、それだけ完成されたポケットwifiであるということでしょう。

『過去にWX04、W03、WX02と利用してきましたがそれらの端末よりもW05の通信速度は速かったです!』という口コミもそういったことの表れなのではないか?と感じます。

また『実際に使ってみると予想以上に性能&使い勝手も良かった!』というのも同様にW05への高い評価が垣間見ることが出来ます。

通信速度が遅く感じる

『通信速度が遅く感じる』というのはエリアの問題もありますし、実際のスペック上、また多くのW05への口コミ・評判を見ているとかなり主観的な意見の様に思います。

同様にデザインに関しても主観的な好みなところですので仕方ない部分ではあります。

WiMAXのエリアチェックを行うことでその問題も解決されるのではないのでしょうか。

W05とWX04を比較

Speed Wi-Fi NEXT W05と今現在のライバル機種となるWX04を比較してみました。

バッテリー持ち

・W05のバッテリー持ち=約9時間
・WX04のバッテリー持ち=約11時間30分

実際ではなくスペック上にはなりますが、W05の方がWX04よりもバッテリー持ちは悪くなっています。

とはいえ、W05にはハイパフォーマンス、ノーマル、バッテリーセーブといった3つのモードがありバッテリーを節約することが出来ますし、また丸一日に使う分には9時間も持てば十分ではないかと思います。

契約期間

・W05の契約期間=2年
・WX04の契約期間=3年

ポケットwifiのプロバイダによっても契約期間は変わりますが、GMOとくとくBBでは2年契約でW05を契約することが出来ます。

W05がWX04よりもおすすめ

W05とWX04の通信速度はどちらが速いのか?と気になるところですが、実際体感ではW05とWX04はほぼ変わりません。

で、スペックから判断するとW05の方が通信速度は速くなっています。

W05の下り最速708Mbpsに対してWX04は下り最速440Mbpsです。

ここまで色々と総合的にW05とWX04を比較してW05の方がおすすめのポケットwifiとなります。

契約期間の縛りが2年と3年というところはポイントで、進化の早いデジタル端末ですので3年縛りというのは正直長く感じます。

ちなみにW01は2015年1月30日に発売されており、W02は2016年2月19日に発売と、ポケットwifiの新機種が発売されるスピード感が分かるかと思います。

つまり、2年後ないし3年後にはほぼ必ず新機種が発売されており、ですから、ポケットwifiの契約において3年という契約期間は大きなデメリットとなるのです。

W05とW04を比較

W05とW04を比較しました。

W05はW04の後継機

W05はW04の後継機という位置づけになります。
ですからどちらもHUAWEII製のポケットwifiです。

最大上り通信速度と重量

W05とW04の違いは最大上り通信速度と重量となります。

W05:上り最大通信速度75Mbps/重量131g
W04:上り最大通信速度30Mbps/重量140g

W05とW04は大きな違いはない

W04の発売から1年ほど経過してW05から発売されましたが、縦画面と横画面などデザイン面といった見た目のほか多少の機能の違い、また操作性など少しの変化はありますが、通信速度と重量以外ではそれほど大きな違いはありません。

※W04は2017年2月発売

つまり何か理由がない限りW04からW05への機種変更する必要はないでしょう。

まとめ

Speed Wi-Fi NEXT W05は2018年現在ほぼほぼ完成されたポケットwifiだと思います。

W05はこれからWiMAXを利用する人にもかなりおすすめのポケットwifiです。

実際にポケットwifiをもつと世界が変わります。

自宅でも外でも場所を選ばずにインターネットを楽しむことが出来る様になるのは想像をはるかに超えるものだと思います。

今現在(2018年10月)W05が最もお得に契約出来るプロバイダーはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの利用です。

どこのプロバイダから申し込んでもエリアや通信速度に変わりはありません。
変わりがあるのはどれだけお得に契約・申し込みが出来るかだけです。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiとはポケットwifiの選び方ポケットwifiの機種端末
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top