ポケットwifiとは?メリットとデメリット~仕組みまで徹底解説!

ポケットwifiはとても便利なもので多くの人に支持されています。
が、もちろんメリットばかりではなくデメリットもあります。

ここでは”ポケットwifiとは?メリットやデメリット~その仕組みまで徹底解説”してまとめています。

ポケットwifiとは

ポケットwifiとは一体なんなのか?

ポケットwifiを簡単に言うと、

  • モバイルwifiルーター
  • 現Y!mobile(旧イーモバイル)の登録商標
  • 外出先でも固定回線代わりにも使える
  • スマホの通信費も節約できる

といったものです。

これらだけでも十分ですが、十二分に理解出来る様に一つ一つも詳しくまとめました。

モバイルwifiルーターのこと

ポケットwifiとはモバイルwifiルーターのことです。

厳密に言うと違うのですが世間一般ではポケットwifi=モバイルwifiルーターという認識でほぼほぼ間違いはありません。

現在は持ち運べるwifiルーター=モバイルwifiルーターのことをすべてポケットwifiと表現する人が多くなっています。

つまり、ポケットwifiにはLTE回線をメインにしているもの、WiMAX回線をメインにしているもの、などと色々とあるのです。

ですから、本当はポケットwifiとWiMAXは別物であるというのが本当のところです。

現Y!mobile(旧イーモバイル)の登録商標

元々は現Y!mobile(旧イーモバイル)の登録商標であり商品名だったのですが、今ではポケットwifiという言葉が=モバイルwifiルーターであるということが浸透しています。
当サイトでも、
・ポケットwifi
・モバイルwifiルーター
・WiMAX
などと出来るだけ分類はあまりせずポケットwifiという言葉を使用しております。
が、必要に応じて使い分けたりすることもあります。

現在はポケットwifiという言葉を生み出した大元の会社(イーモバイル)もなくなっている?為、ポケットwifiという言葉自体が曖昧なものになっているという側面さえあります。

外出先でも固定回線代わりにも使える

先述した様にポケットwifiを簡単に言うと「持ち運び可能なインターネットを利用することが出来る便利アイテム」のことです。

ポケットwifiの最も一般的な使い方としては外出先でインターネットを利用出来る様にすることです。

PCのほかスマホやタブレット、またゲーム機などでもポケットwifiを使うことでインターネットを利用することが出来ます。

また、新生活を迎えて自宅にインターネット環境がない人、引越しの多い人、にも高い支持を得ています。

つまり、自宅の固定回線代わりにもポケットwifiは使えるということです。

スマホの通信費の節約も出来る

ポケットwifiがあればあなたが日常的に使うスマホの通信費の節約をすることも可能です。
しかもスマホの速度制限にも悩まされることはほぼなくなります。
※iphone/スマホなどの制限速度も128Kbpsが一般的です

大手キャリア3社が提供するスマホの大容量データプランと比較しても、
・ドコモのウルトラパック
・auのスーパーデジラ
・ソフトバンクのギガモンスター
利用用途によってはポケットwifiを契約する方がお得になることも全然あります。

スマホの通信費のヘビーユーザーにはポケットwifiはおすすめです。

ポケットwifiのメリット

ポケットwifiのメリットは、

  • どこでもインターネットが利用できる
  • 工事不要で簡単手軽にインターネットに接続できる
  • 光回線と比較して月額料金が安いものが多い
  • 複数デバイスとの同時接続が可能

といったところです。

さらに詳しく一つ一つをまとめました。

どこでもインターネットが利用ができる

ポケットwifiはどこにでも持ち運ぶことが出来ます。

つまりそれは言い換えるとそれぞれの通信事業者の電波の届く範囲であればどこでもインターネットが利用できるということとなります。
※それぞれの通信事業者の電波についての詳細は後記しています

これはポケットwifiの最大のメリットであり魅力となっています。

昨今では公衆無線やカフェなどでもフリーWi-Fiが設置されている店舗も増えてきましたが、設置されていない店舗もまだまだあります。

例えフリーWi-Fiが設置されていたとしても実際に繋いでも通信速度や安定性に欠けるということもしばしばあります。

スターバックスやマクドナルドなどといった大手有名企業のフリーWi-Fiであればセキュリティーもしっかりしているかもしれません。

が、誰もが利用できる公衆無線フリーWi-Fiは不特定多数の人が共有して利用するものですから安全性の不安や心配もあります・・・つまり悪意のあるハッカーが傍受している可能性もあるのです。

重要なパスワードやクレジットカード情報、WEPで暗号化された通信の使用は控えた方が無難だと思います。
私もフリーWi-FIを仕方なく使う際もそういったことは控えています。

ポケットwifiは個人で契約するものですから、そういった安全面でのリスクはかなり低くなります。
そういったデータの送受信においてもポケットwifiは自分自身の身を守るのにも有効です。

工事不要で簡単手軽にインターネットに接続できる

固定回線にはインターネット開設の為工事が必要となります。
立ち合いなど面倒と感じる人も多いのが一般的でしょう。

ポケットwifiでそういった面倒に感じる工事は一切不要となります。
ポケットwifiはプロバイダから契約の申し込みをするだけで早ければ3日後くらいには手元に届きますのですぐにインターネットを利用することが出来ます。

ポケットwifiの設定もSSID(各ポケットwifiに振られているもの)を探してアクセスキー(パスワード)を入力するだけで簡単で手軽にインターネットを利用可能となります。

光回線と比較して月額料金が安いものが多い

ポケットwifiは光回線と比較すると月額料金が安いものが多くなっています。

基本的に光回線は5000円前後~6000円程度、ポケットwifiは3000円前後~4000円程度、が一般的なところとなっています。

ポケットwifiプロバイダ各社 月額料金
GMOとくとくBB ・キャッシュバック
・月額割引
などキャンペーンにより異なりあり
ネクストモバイル 通信プランにより異なりあり
カシモWiMAX 1~2カ月目:1,380円
3カ月目~24カ月目:3,380円
25か月目以降:4,079円
Yahoo!Wi-Fi 1~12カ月目:1,980円
13カ月目以降:2,480円
BIGLOBE WiMAX 1~2カ月目:3,695円
3カ月目以降:4,380円
So-net WiMAX 1~18カ月:2,980円
19~24カ月:3,280円
25カ月目以降:4,179円
UQ WiMAX 1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,380円

現代ではインターネットは必要不可欠なツールとなっていますので出来るだけインターネット利用料金が安くなるのはとても良いです。

複数デバイスとの同時接続が可能

ポケットwifiがあると、PCだけでなく、スマホやタブレット、またゲーム機器といった複数のデバイスとの同時インターネット接続も可能となっています。
※同時接続台数は使用するポケットwifi機種端末によって異なります

ポケットwifiのデメリット

ポケットwifiのデメリットは、

  • 固定回線と比較して通信が不安定
  • 通信制限がある
  • 電波の届くエリア(範囲)でしか使えない
  • バッテリーの充電が必要

といったところです。

さらに詳しく一つ一つをまとめました。

固定回線と比較して通信が不安定

基本的にポケットwifiは無線でインターネットと接続する為、有線で接続する固定回線と比較すると通信が不安定です。

もちろん電波が入りやすいところでは快適にインターネットが利用出来ます、が周りの環境や状況によってそれは左右され、通信速度が遅い、繋がりにくい、最悪の場合は繋がらないということもあります。

固定回線と比較するとどうしてもポケットwifiの通信品質は劣ってしまいます。
通信速度も1Gbps~2Gbpsといった高速通信も可能で、ポケットwifiではおおよそその半分程度の通信測となります。

とはいえ、実測としてはほぼ確実にそれだけの通信速度は出ませんし、どちらもそれほど体感では変わりません。

ですので固定回線とポケットwifiどちらにもメリットとデメリットがありますのでどちらが良くてどちらが悪いということでもありません。

通信制限がある

原則通信制限はすべてのポケットwifiにあります。

そもそも通信制限のあるプランを利用する場合は当然通信制限がありますが、ポケットwifiの中には無制限を謳うものも多くあります、が3日間で10GB制限など通信制限に大なり小なりありますが、ほぼ絶対にあります。

固定回線には通信制限はありません。

電波の届くエリア(範囲)でしか使えない

ポケットwifiでインターネットを利用する際は電波の届くエリア(範囲)でしか使えません。

WiMAXならWiMAX、Y!mobileならY!mobile、といった様に各プロバイダがカバーできているエリアを公開しています。

ざっくりですがポケットwifiは地方や田舎よりも比較的都心部での方が電波状況が良くなっています。

バッテリーの充電が必要

ポケットwifiは充電を怠るとバッテリー切れを起こします。

自宅での使用であればバッテリーの充電をしながら利用することも出来ますし、クレードルを使うことでさらに楽に充電が可能となります。

ポケットwifiのクレードルとは?役割~使い方・有線LAN接続設定方法まで徹底解説!

クレードルを使うとさらにポケットwifiのデメリットの一つとなる通信の不安定さもカバーすることも出来ます。

が、外出先ではポケットwifi端末のみでの使用するのが一般的ですから、その使用頻度によってはバッテリーの充電が切れることもあります。

※ポケットwifiのバッテリー容量は一律ではなく約5~10時間と機種によって異なりますし、またポケットwifiの使い方によっても違ってきます

ポケットwifiがバッテリー切れを起こして充電が切れると電源が入らないのでインターネットを利用することが出来ません。

ですので外出先でポケットwifiを利用する際は十分なバッテリーの充電が必要となります。
どれだけ十分にバッテリーを充電していも、いずれは充電切れとなります。
またバッテリーは消耗品となり限界がある為、バッテリーの買い替えorポケットwifi端末自体の変更も必要です。

ポケットwifiの仕組みとは

ポケットwifiがあるとインターネットを利用することが出来ます。

その仕組みは、基地局からの電波をポケットwifiが受信して、そしてその受信した電波をPCやスマホ、タブレット、ほかにもゲーム機などに送りインターネットに繋ぐという流れとなります。

つまり、ポケットwifiとは中継役となっています。

この基地局からの電波を利用する為にポケットwifiは、
・WiMAX(UQコミュニケーションズ)
・Y!mobile
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
などといった通信事業者との回線契約が必要になるのです。

通信事業者とは

通信事業者とはインターネットに接続できる電波(回線)を提供しているところです。
電波は自社で提供していたり、また代理店等も多くあります。
先述した様な、
・WiMAX
・Y!mobile
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
などが通信事業者にあたります。

WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供している電波です。

UQコミュニケーションズはauの関連会社となり、auが取り扱っているポケットwifiは、
・WiMAX
・au 4G LTE
の2つの電波を使うことが出来る様になっています。

同様にWiMAXが利用できるポケットwifiも2つの電波を使うことが出来ます。

とはいえ、WiMAXはauを含め、ソフトバンク、ドコモとは全く別の独自回線となります。

WiMAXは20社以上といった多くのプロバイダで取り扱われています。
WiMAXを取り扱うそれぞれのプロバイダに特徴があり、
・キャッシュバックキャンペーン
・月額割引キャンペーン
などといったキャンペーンを行っています。

ちなみにWiMAXはポケットwifiの中でも通信速度も速く、無制限で使えるのはもちろんのこと、速度制限についても緩くなっており、最も人気があります。

ポケットwifiが無制限で使える!WiMAXがおすすめの理由!

ポケットwifiとWiMAXの違いとは!徹底比較で失敗なし!

LTE

LTEはauやソフトバンクが提供している電波です。

現在LTEというと、
・au 4G LTE
・softbank 4G LTE
を指すのが一般的となっています。

しかし、au 4G LTEとsoftbank 4G LTEは全くの別の回線となり利用エリアも違います。

というのもLTEにも実際は細かい分類があるからです。
実際にポケットwifiを利用する上でそこまでの詳細について知る必要はないと思います。

ドコモLTE(クロッシィ)

ドコモのLTE(クロッシィ)は、
・au
・ソフトバンク
などのLTEとは分けて考えられることが多くなっています。

元々エリアの広いLTEですが2社のLTEと比較するとドコモのLTEはさらにエリアも広く、通信も安定している、というメリットがあるのですが、その分料金も高く設定されているというデメリットもあります。

基本的にLTEの料金が高いのは一般的ですが、ドコモLTEはさらにその上をいく料金設定となっています。

過去にはスマモバといったプロバイダも取り扱いがありましたが、現在ドコモのLTEの取り扱いのあるプロバイダは知名度が低い業者(比較すると)が販売しているケースが多くなっています。

まとめ

ポケットwifiは外出先でインターネットを利用したいという人に特におすすめです。

外出先ではそれほどインターネットは使わないということであればスマホだけ、タブレットだけ、というのもありですし、PCも少し使いたいということであればスマホのテザリング機能を利用することもおすすめです。

インターネットを利用する為の経費として割り切って目処をつけないのであれば、
・固定回線
・スマホ
・ポケットwifi
とあれこれ契約するのも良いですが、なかなかのコストとなります。

ポケットwifiひとつで固定回線代わりにも使うことが出来ますし、スマホの通信費の節約も出来ます、だけでなくガラケーで電話機能のみ、スマホではインターネット利用のみにすることで通信費をポケットwifiのみで賄うことも可能となります。

もしかするとあなたにポケットwifiは必要のないということもあり得ます。

例えば、重いファイルやゲームのダウンロードが多い、また毎日動画を8時間以上見るという様な人であれば、ポケットwifiはおすすめ出来ませんし固定回線がおすすめです。
ですが外出先でもインターネットを使わなければならないなら、固定回線+ポケットwifiの様な使い方も環境や状況によって良いかもしれません。

ポケットwifiは使い方次第で人によって様々な使い方が出来るということとなります。
つまり最適なインターネット環境というものは人それぞれで違います。

ですから自分自身の環境や状況と相談して、後悔しない為にも、ポケットwifiは必要であるのか?不要であるのか?ということを判断して契約の申し込みをしましょう。

ポケットwifiの利用が向いている人は、
・PCやタブレットを外出先で使いたい
・毎月スマホの通信制限にかかる
などに心当たりがある場合はおすすめです。

また一人暮らしや引っ越しも多いという場合にもポケットwifiでのインターネット利用はおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiとはポケットwifiの選び方
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top