ポケットwifiは田舎で繋がらない?使えないor使えるけど遅い?

ポケットwifiを田舎で使いたい ポケットwifiの選び方

ここでは田舎で使えるポケットwifiの選び方とおすすめのポケットwifiをまとめています。

当然と言えば当然のことですが田舎は都会ほど電波環境が良いとはお世辞にも言えません・・・はっきり言って悪いです。

とはいえ、昨今ではポケットwifiの人口カバー率は99%に達しており、沖縄や北海道も通信エリアに入っています。

つまり以前と比較すると日本全国どこでも通信可能なエリアが広がっているということです。

※ポケットwifiとは元々イーモバイルのサービス名であり商標登録されているもので、ポケットwifiもモバイルwifiルーターのひとつですが、昨今ではポケットwifi=モバイルwifiルーターという認識となっている為、当サイトでもそういった意味でポケットwifiという言葉を使用しています

ポケットwifiは田舎の電波状況は良い悪い?

昨今のインターネットの普及により今では日本全国かなり広い範囲で使える様になったポケットwifiですが、やっぱり田舎に行くとポケットwifiがサービス提供エリア外で使えないということもあります。

それでも昔と比べるとポケットwifiのエリアも拡大しており、田舎でも通信可能な場所はどんどんと増えています。

またポケットwifiの通信速度も上がっており、高速エリアも順次拡大されています。

例えば、もちろん場所によってではありますが、

  • 北海道
  • 沖縄

などでもポケットwifiを不自由なく使うことも出来る様になっています。

ちなみにここで言う田舎とは大都市圏エリア以外のことを言っています。

ポケットwifiの回線がサービス提供エリアかチェック

まず田舎でポケットwifiを使う為に最も重要なことは電波が届くかどうかを考えるというのが最優先のこととなります。

電波が届かないということであればポケットwifiは問答無用で使えないからです。

近隣の建物の状況でも電波が届きにくいということも普通にあったりします。

ポケットwifiで利用されるインターネット回線は大きく分けて2つWiMAXとLTEとなります。

ですからこの2つの回線がサービス提供エリアであるかどうかをチェックしましょう。

WiMAXのサービス提供エリアをチェック

WiMAXのサービス提供エリアをチェックしてしっかりとピンポイントエリア判定も行いましょう。

※ここではGMOとくとくBB WiMAX2+の公式サイトにてWiMAXの電波状況・サービス提供エリアチェックを利用しています

GMOとくとくBBではピンポイントエリア判定にて○が出た場合に実際にプロバイダー契約して手元にポケットwifiが届いたものの電波状況が悪く使えない満足のいく使い方が出来ない・・・といった際に20日以内であれば違約金などはなしでキャンセルすることが可能です。

ピンポイントエリアチェックでは○・△・×で通信状況を判定してくれます。
○なら基本的に問題はありませんが、△はまだ可能性があるとしても×ならちょっとWiMAXのポケットwifiの利用は難しいかもしれません。

Y!mobile(LTE)のサービス提供エリアをチェック

Y!mobile(LTE)のサービス提供エリアをチェックしましょう。

WiMAXと同様にLTE回線もしっかりとピンポイントエリア判定も行いましょうね。

Yahoo!WiFIとネクストモバイルの公式サイトにてLTEの電波状況・サービス提供エリアチェックを利用しています。

まとめ

ポケットwifiを田舎で使うポイントは電波の受信状況!という一言に尽きると言っても過言ではありません。

ポケットwifiを田舎で利用する際の最優先チェック項目です。

インターネット回線がWiMAXであってもLTEであっても、プロバイダーがau、softbank、docomoであっても電波が届いていなければポケットwifiは絶対に使えないわけですからね。

ポケットwifiがポケットwifiとして機能しません。

ポケットwifiを田舎で使うなら最優先は電波状況

ポケットwifiを選ぶポイントには、もちろん料金や通信速度、通信容量、といったことも比較する際の重要項目となります。

が、ポケットwifiを田舎で使うことがメインであるということであればとりあえずは電波状況が最重要項目です。

ポケットwifiを選ぶ際の比較するポイントはとても多く迷うところも多いですが、まずはポケットwifiの電波が届くのか?届かないのか?を最優先に考えなければなりません。

ですから、しっかりとポケットwifiを選ぶ為に事前の電波のサービス提供エリアチェックは必須となるのです。

ポケットwifiの各社対応エリア比較!全国で使える利用回線はどれ?

そうすることで自ずとあなたが必要とするポケットwifiが分かる様になります。

電波のサービス提供エリアチェックは各社プロバイダーの公式サイトに必ずと言っていいほどありますので契約を申し込んだ後にポケットwifiが手元に届いてからではなかなか言い訳も出来ません。

ポケットwifiを勢いで契約しない!申し込まない!

ポケットwifiの契約をなんとなく勢いで申し込む!ということは絶対におすすめ出来ません。

とはいえ・・・・中にはポケットwifiを勢いで契約して非対応エリアであるにもかかわらずしっかりと電波を広い繋がったという事例もあったりします。

そういうパターンは稀で一部例外であるということを理解しておきましょう。

無理に止めはしませんが完全なる自己責任ですからね^^;

GMOとくとくBB WiMAX2+

東証一部上場企業のGMOが運営している業界最安級の料金プランWiMAXポケットwifiとなります。

月ごとに展開されるキャンペーンを利用することでさらにお得に契約申し込みをすることも可能となっています。

そんなキャンペーンの中でもキャッシュバックは高額となっており選ばれる大きな理由のひとつです。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

WiMAXの電波が、

・届かない
・繋がりにくい

といった環境の場合におすすめのポケットwifiとなっています。

WiMAXのギガ放題といった使い放題プランはないもののWiMAXにない3日間の制限のないところで勝っています。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは最安級の料金プランを展開するWiMAXサービスとなります。

最安級であり最安値という言い方をしない理由には、常に1、2位を争っているプロバイダーとなるからです。
※1、2位を争っているプロバイダーはGMOです

最安級の料金プランも大きなメリットですが、ほかにも解約の手間がかからないプロバイダーということでも人気となっています

ポケットwifiの選び方
pocketwifimaniaをフォローする
ポケットWifi比較おすすめランキング【最強決定王】

コメント

Top